いっぽ一歩日記

全[113]ページ中[1]ページ目を表示しています


「ミニベロ遍路」SNSで魅力発信 小径自転車で新世代取り込み狙う 香川

皆さん、こんにちは!いっぽ一歩堂の植田です。

 

自転車遍路に新提案!アウトドア好きな若者を取り込めると良いですね。

 

以下、記事の転記です。

 

 タイヤの直径が20インチ(約50センチ)以下の自転車(ミニベロ)に乗って四国八十八カ所霊場を巡り、旅の様子をSNS(会員制交流サイト)で発信する「ミニベロ遍路」に、香川県内の旅行会社などが1カ月かけて実験的に取り組んだ。今後、旅行商品化も検討しており、新型コロナウイルスの影響で高齢者を中心とした巡礼者が減少する中、アウトドア好きな若者など新たな世代の取り込みを狙う。

 

 同県三木町の旅行会社「四国遍路」など4社が協力して企画。京都の外国人向けツアー会社「TABIKYO(タビキョウ) JAPAN」のスタッフ3人が交代しながら、同県さぬき市の自転車メーカー「アイヴエモーション」が製造する人気のミニベロブランド「タイレル」に乗って総距離約1300キロを走った。

 

 9月29日に一番札所の霊山寺(徳島県鳴門市)をスタートし、連日、ツイッターやインスタグラムなどで各所の写真を投稿し、四国遍路をPR。多い日は1日に10カ所近くの霊場を回った。台風のため数日間の休みも挟んだが、10月28日、八十八番札所の大窪寺(さぬき市)に到着。同29日に一番札所の霊山寺に戻って行程を終えた。

 

 タビキョウの原田えりかさん(29)は「遍路客が少ない中、地域の人が温かく迎えてくれた。ミニベロで山道や坂道も走行できた」と笑顔で話していた。四国遍路の佐藤崇裕社長(40)は「外国人観光客が戻ってきた時に、ミニベロ遍路を新しいコンテンツとして発信したい」と話す。【西本紗保美】

 

11/10(火) 17:24配信 毎日新聞

posted by: ippoippodo2 | お四国情報 | 11:38 | comments(0) | - |

コメント










プロフィール

管理人
植田 洋二郎
趣味
ウォーキング 旅行
コメント
四国、西国など現地のいろんな情報をお届けします。お楽しみに♪


バックナンバー

コメント

リンク

RSS

いっぽ一歩堂

会社名
株式会社いっぽ一歩堂
所在地
兵庫県宝塚市野上1-5-10-401A
設立
2008年12月
業務
遍路用品販売 等
ビジョン
「四国遍路の素晴らしさをより多くの方々に知っていただくこと」