いっぽ一歩日記

全[113]ページ中[1]ページ目を表示しています


四国霊場の遍路道整備へ 高知県ふるさと納税で寄付募る 老朽化や安全対策急務

皆さん、こんにちは!いっぽ一歩堂の植田です。

 

クラウドファンディングにも色々ありますが、クラウドファンディング型ふるさと納税これ良いですね。

遍路道の保全に役立つだけでなく返礼品までもらえちゃうんですからね。

 

自治体の皆さんも色々考えてくれているので、お四国のためにぜひ協力したいと思います。

これが上手くいけば、他の遍路道にも展開すれば良いと思います。

 

以下、記事の転記です。

 

 四国八十八カ所霊場を結ぶ遍路道の整備に充てようと、高知県が「クラウドファンディング型ふるさと納税」で寄付金の募集を始めた。目標は100万円で、土佐清水市の遍路道「あしずり遍路道」の保全や整備に役立てる。

 

 弘法大師ゆかりの八十八カ所の巡礼は1200年の歴史があるとされる。県内の霊場は16カ所で、遍路道の総距離は約430キロ。周辺住民らが「遍路文化」を大切にしようと遍路道の整備を続けてきた。しかし、利用者の減少などで近年破損が目立つという。

 

 遍路道の多くは市町村が管理しているが、県が支援する枠組みがなかったことから、クラウドファンディング型ふるさと納税を県内で初めて活用。自治体が抱える課題を解決するため、ふるさと納税を用いる制度で、プロジェクトに共感した人から寄付を募る。

 

 第1弾として、地元が史跡を目指しているあしずり遍路道の保全資金を集めることにした。この遍路道には急傾斜地の山道があり、倒木や橋の落下も発生。整備が急務になっていたという。

 募集は11月3日まで。寄付金は老朽化した橋の整備や遍路道の安全対策などに使う。9月8日までに50万円以上集まっており、終了日までに寄せられた全額をプロジェクトに用いる。また、5000円以上寄付した県外在住者には寄付金に応じ、カツオのたたきやゆずドリンクといった特産品などを返礼品として送る。

 

 県政策企画課は「遍路道の環境を整備し、遍路文化を将来にわたって保存・継承していきたい。ぜひ協力してほしい」と参加を呼び掛けている。詳細は、ウェブサイト「ふるさとチョイス」で紹介している。【松原由佳】

 

 

 

9/9(水) 10:42配信 毎日新聞

posted by: ippoippodo2 | イベント | 19:27 | comments(0) | - |

コメント










プロフィール

管理人
植田 洋二郎
趣味
ウォーキング 旅行
コメント
四国、西国など現地のいろんな情報をお届けします。お楽しみに♪


バックナンバー

コメント

リンク

RSS

いっぽ一歩堂

会社名
株式会社いっぽ一歩堂
所在地
兵庫県宝塚市野上1-5-10-401A
設立
2008年12月
業務
遍路用品販売 等
ビジョン
「四国遍路の素晴らしさをより多くの方々に知っていただくこと」