いっぽ一歩日記

全[113]ページ中[1]ページ目を表示しています


外国人の四国遍路増え...英語でガイド養成講座 四万十町の岩本寺


皆さん、こんにちは!いっぽ一歩堂の店主、佐々木です。

昨日は、世界文化遺産の記事を紹介しましたが、今日は外国の方々をガイドするセミナーの記事が高知新聞に出ていました

オリンピックは「お・も・て・な・し」ですが、お遍路では「お・せ・っ・た・い」

外国の方々にもその気持ちが伝わるといいですね。

 

以下、記事の転記です。

 

 外国人の四国遍路人気が高まる中、英語でガイドする技術を身につけるセミナーなどがこのほど、高知県高岡郡四万十町の四国霊場37番札所岩本寺などで開かれた。

 

 百十四経済研究所(高松市)や四銀経済研究所などでつくる「四国アライアンス」が主催。外国人遍路はこの10年で約10倍になっているという。

「四国アライアンス」はこれまでに、遍路初心者の外国人向けガイドを徳島県で養成しており、今後、四国各地に広げていく方針。

 

 24日は百十四経済研究所の西川良隆所長と、主に四国で活動する米国人写真家、ショーン・ブレクトさんが、外国人が四国遍路に求めているものや、四国の町並みの魅力などについて講演した。

 

 25日のガイド養成講座には四万十町や高知市などから約30人が参加。旅行会社「あなぶきトラベル」(高松市)の外国人ガイド3人の指導で、岩本寺や窪川の町並み、呼坂峠の古道などのガイド方法を学んだ。

 

 岩本寺では、外国人ガイドを相手に参拝などの作法を英語で教える練習をした。

「ウオッシュ・ユア・ハンズ(手を洗って)」と参加者がちょうずを使ってみせると、外国人ガイドが「OK」と応じていた。

 

 窪博正住職は「確かに外国人のお遍路さんは増えた。身ぶり手ぶりでコミュニケーションは図れているが、言葉が通じればなお良い」と期待していた。 (井上太郎)。

 

2020年1月28日(火)(高知新聞)

 

posted by: ippoippodo2 | お四国情報 | 14:25 | comments(0) | - |

コメント










プロフィール

管理人
植田 洋二郎
趣味
ウォーキング 旅行
コメント
四国、西国など現地のいろんな情報をお届けします。お楽しみに♪


バックナンバー

コメント

リンク

RSS

いっぽ一歩堂

会社名
株式会社いっぽ一歩堂
所在地
兵庫県宝塚市野上1-5-10-401A
設立
2008年12月
業務
遍路用品販売 等
ビジョン
「四国遍路の素晴らしさをより多くの方々に知っていただくこと」