いっぽ一歩日記

全[113]ページ中[1]ページ目を表示しています


お遍路に手作り巾着袋とおにぎり 「四国おもてなし感激大賞」  高知・土佐清水の民宿


皆さん、こんにちは!いっぽ一歩堂の店主、佐々木です。

高知・土佐清水の民宿が紹介されている記事を見つけました。

民宿に泊まってお接待してもらえると本当に嬉しいですよ。

 

以下、記事の転記です。

 

 四国4県の観光協会でつくる四国観光協会連合は、観光客の声を基に評価の高い観光事業者などを表彰する「四国おもてなし感激大賞2019」に、高知県土佐清水市足摺岬の「民宿田村」を選んだと発表した。

 お遍路参りで早朝に出発する宿泊者に手作りの巾着袋に入れたおにぎりを手渡す温かいもてなしが評価された。

準大賞には残りの3県から各1団体が選ばれた。

 

 今年で4年目の取り組みで、観光客から推薦があった68件の中からもてなしのレベルや工夫などを審査。

準大賞には吉野川で遊覧船やホテルなどを運営する「大歩危峡観光遊船」(徳島県三好市)▽JR四国伊予大洲駅(愛媛県大洲市)▽コミュニティーバスを運行する香川県三豊市――がそれぞれ選ばれた。

 

 大賞の民宿田村では、お遍路客向けに古い着物をほぐして一つずつ手縫いした巾着袋に入れたおにぎりを昼の弁当として手渡すサービスを続けている。主人の松田正俊さん(59)は客を車で観光案内したり、海釣りに付き合ったりもするという。

1年半前に義父母から経営を引き継いだ松田さんは「お客さんが楽しんでくれれば自分も楽しい。特別に何かしているというつもりはなく、これからも自然体を心がけたい」と話した。

 

 8日に徳島市であった表彰式には大歩危峡観光遊船の大平修司社長(38)が出席。同社は外国人観光客が激減した東日本大震災(2011年)の数日後に訪れた台湾人客が次々と募金に応じるのを見て、近年は外国人客の宿泊部屋に折り鶴を付けたメッセージカードを届けるなど外国人向けサービスにも力を入れているという。

 大平社長は「少しでももてなしの心を伝えたいと続けている。賞に恥じないよう、これからも頑張りたい」と笑顔を見せた。

 

毎日新聞2020年1月9日 08時48分


 

posted by: ippoippodo2 | お四国情報 | 09:53 | comments(0) | - |

コメント










プロフィール

管理人
植田 洋二郎
趣味
ウォーキング 旅行
コメント
四国、西国など現地のいろんな情報をお届けします。お楽しみに♪


バックナンバー

コメント

リンク

RSS

いっぽ一歩堂

会社名
株式会社いっぽ一歩堂
所在地
兵庫県宝塚市野上1-5-10-401A
設立
2008年12月
業務
遍路用品販売 等
ビジョン
「四国遍路の素晴らしさをより多くの方々に知っていただくこと」