いっぽ一歩日記

全[113]ページ中[1]ページ目を表示しています


西国三十三所草創1300年記念納経帳が新発売されました。

皆さん、こんにちは。
いっぽ一歩堂の店主、佐々木です。

先週は桜が各地で満開でお花見をされた方も多かったのではないでしょうか。

最近は暖かく過ごしやすい気候で、春真っ盛りという感じですね。

暖かくなったらお参りに行こう!と計画していた方に朗報です。

皆さんは、西国三十三所霊場 草創1300年をご存知でしょうか。



関西圏でお参りされる方の多い観音霊場「西国三十三所霊場」は日本最古にして、巡礼の元祖と言われております。

平成30年(2018年)は、かつて大和国長谷寺の開山徳道上人が病にて仮死状態になられた際、冥土で閻魔大王に会い、「生前の悪い行いによって地獄へ送られるものが多い故、観音の霊場へ参ることにより功徳が得られるよう、人々に観音菩薩の慈悲の心を説け」とのお告げを受け、起請文と宝印を授かって現世へ戻され、その証拠でもって人々に観音信仰、及びその霊場へ参ることをすすめられた養老2年(718年)より数えて1300年になります。



徳道上人が極楽往生の通行証となる宝印をお配りになったという場所は、観音菩薩が衆生を救うために示現された霊験所や寺院でした。

このことにより、やがて観音霊場を巡る西国三十三所という信仰になり、現在に至っております。

この徳道上人の徳行を鑽仰(さんごう)し、西国三十三所札所会では、西国三十三所草創1300年「いまこそ慈悲の心を」として全札所寺院において、平成28年3月〜平成32年(2020年)にかけて、御開帳などの様々な事業が計画されております。
→記念事業の詳細は、西国三十三所「草創1300年記念 特設WEBページ」を参照ください。

西国札所草創1300年を記念した商品も同時にリリースされております。



本納経帳は「西国三十三所札所会推薦」の納経帳となります。

西国札所の第1番青岸渡寺から第33番華厳寺までの33ヶ寺のご詠歌入りご朱印ページに加え、法起院、元慶寺、花山院のご詠歌入りご朱印ページが綴じられています。



紐綴じタイプとなっていますので、各ページの取外しはできません。



そして一番後ろには、空白ページが43ページ綴じられています。



空白ページが多いため、通常の納経に加えて、御詠歌の納経をいただくことも可能です。



ビニールカバーが付いております。

■サイズ=縦約19.5cm、横約14.5cm、厚み約2cm

その他、草創1300年記念商品が今後も続々リリースが予定されております。

是非、いっぽ一歩堂をご利用いただき、お参りへの準備をしてくださいね。

posted by: ippoippodo2 | 新商品情報 | 04:28 | comments(0) | - |

コメント










プロフィール

管理人
小川 リエ
血液型
A型
趣味
ウォーキング 料理
コメント
四国、西国など現地のいろんな情報をお届けします。お楽しみに♪


バックナンバー

コメント

リンク

RSS

いっぽ一歩堂

会社名
株式会社いっぽ一歩堂
所在地
兵庫県宝塚市野上1-5-10-401A
設立
2008年12月
業務
遍路用品販売 等
ビジョン
「四国遍路の素晴らしさをより多くの方々に知っていただくこと」