いっぽ一歩日記

全[113]ページ中[1]ページ目を表示しています


【逆打ち遍路キャンペーン2016】大好評により継続いたします。

皆様、こんにちは。
いっぽ一歩堂の店主、佐々木でございます。

今年も早や1月が終わり、2月になりました。

年初より実施しておりました「新春!逆打ち遍路キャンペーン2016」が大好評です。

1万円以上ご注文の方にもれなく!散華保存帖をプレゼントするというものですが、お陰様で多くのご注文をいただいております。
ありがとうございます。



1月にキャンペーンが大好評だったため、2月末までキャンペーンを延長させていただきます!

当初、散華保存帖はブラック、ネイビー、レッドの3色のみの展開でしたが、現在は12色に展開されており、お好きな色をお選びいただけます。
ブラックネイビーレッドブルーピンクマスタードベージュグレーダークグリーンライトグリーンダークブラウンライトブラウン

1万円以上ご注文の方で、プレゼント「散華保存帖」についてお好きな色を選びたい!という方は、「備考欄」にご希望の色をご入力いただくか、別途メールでご連絡くださいませ。
ご希望の色に合わせてプレゼントさせていただきます。

■「逆打ち遍路キャンペーン2016」詳細

「いっぽ一歩堂オリジナルサイト」および、「Yahoo!ショッピング店」のいずれかで、ご注文金額「1万円」以上ご購入の方に、

「2016年限定 記念散華帖」(880円相当)を1冊もれなくプレゼントいたします!!

(※Amazonサイトでのご注文はキャンペーン対象外となります。ご注意ください。)

記念散華保存帖の色についてはご指定いただければ、ご希望の色を選択可能です。
(特にご指定の無い場合は、当店にて選ばせて頂きます。商品到着後の交換はできかねますので何卒ご了承願います。)

記念散華保存帖は、数量限定になっておりますので、お早目にお求めくださいね。


その他の「逆打ち遍路関連商品」は下記のページを参照ください。

http://www.ippoippodo.com/?mode=grp&gid=1215016



2015年4月、「「四国遍路」〜回遊型巡礼路と独自の巡礼文化〜」が日本遺産に認定されました。
 

その認定を記念し、四国八十八ヵ所の各寺院では、軸・納経帳に納経された方に2016年限定の記念散華を授与いただけます。


授与期間:平成28年1月1日〜平成28年12月31日迄

 

この散華の保管方法は、専用の台紙が1番、6番、8番、18番、23番、28番、38番、48番、58番、68番、72番、75番、78番、83番、86番、88番札所で販売しておりますので、3000円で授与いただいてください。

 

「散華台紙を飾るところがないわ・・・」

という方に朗報です。

2016年限定 記念散華を大事に保管する、コンパクトサイズの記念散華保存帖が1月1日に発売になりました。

 

ポケットのサイズは、通常の御影(おすがた)を保管可能なサイズになっております。
(本商品は、御影保存帳としてもお使いいただけます)


 

画像のように、記念散華は通常の御影よりも一回り小さい名刺サイズとなっており、台紙の中央に散華がくり抜いてあります。
 

散華を取り外したい場合は、指で押すと簡単に花びらの形に取り外しが可能です。



最終ページには、散華をポケット内に固定する両面テープが付属しておりますので、中央の位置で記念散華を固定することが可能です。

1ページ目に中表紙が入っております。


この記念散華帳は、90ポケットございますので、四国八十八ヵ所すべての寺院の記念散華を保管が可能です。



本体カバー部分は、手触りの良い、上質な帆布生地となっております。



表紙に、梵字と同行二人の文字がラメ入りでプリントされております。



ビニールカバーは付いていません。

■サイズ=縦約15cm、横約11cm、厚み約3cm
■重量 =約90g
■販売価格 =880円


来年、平成二十八年(うるう年)は、四年に一度の特別な年となります。

衛門三郎が、弘法大師に会えた年が西暦832年の閏年(うるうどし)だったということで、4年に一度、「うるう年に逆打ち」をされるお遍路さんが増え、今に至っております。


俗に、逆打ちをすると弘法大師に会うことができると言われています。

これは、昔、四国に住んでいた衛門三郎という強欲非道の人がわが子を亡くすという、天罰を受けたという故事が由来となっております。

八人のわが子を亡くした衛門三郎は、過去の過ちを償い、弘法大師に許しを請うために弘法大師の後を追う旅を始めました。

これが「最初のお遍路さん」であるとも言われております。

四国を20回廻っても弘法大師に会うことの出来なかった衛門三郎は、弘法大師が行かれた方向とは逆の方向から(四国を反時計回りに)廻れば、必ずいつかは会えると考え、逆の方向から旅を始めました。



途中、疲れきって倒れたとき、目の前に弘法大師が現れました。

ようやく許しを得た衛門三郎は、そのまま息を引き取ったとされ、これが「逆打ち」の所以とされています。

俗説ですが、「うるう年の逆打ち」は順打ちの3回分の御利益があるといわれております。


そして、このたび「2016年「うるう年」逆打ち遍路 記念商品」が新発売となりました!


四国霊場開創千二百年のイメージカラーは空と海を表したロイヤルブルーを基調色としておりましたが、平成二十八年度の逆打ち遍路では、表紙が桜柄となっており、「空と海」を表すブルー地に、桜咲く(願いが叶う)という意味を込めて、仕立てられております。

■逆打納経帳 うるう年 2016年版
単品でのご注文はこちらへ


■四国八十八ヶ所 御影帳 桜柄 2016年版
単品でのご注文はこちらへ


■輪袈裟 桜柄 2016年版
単品でのご注文はこちらへ

posted by: ippoippodo2 | キャンペーン情報 | 06:35 | comments(0) | - |

コメント










プロフィール

管理人
小川 リエ
血液型
A型
趣味
ウォーキング 料理
コメント
四国、西国など現地のいろんな情報をお届けします。お楽しみに♪


バックナンバー

コメント

リンク

RSS

いっぽ一歩堂

会社名
株式会社いっぽ一歩堂
所在地
大阪府枚方市津田東町1−20−51
設立
2008年12月
業務
遍路用品販売 等
ビジョン
「四国遍路の素晴らしさをより多くの方々に知っていただくこと」