いっぽ一歩日記

全[113]ページ中[1]ページ目を表示しています

四国霊場の遍路道整備へ 高知県ふるさと納税で寄付募る 老朽化や安全対策急務

皆さん、こんにちは!いっぽ一歩堂の植田です。

 

クラウドファンディングにも色々ありますが、クラウドファンディング型ふるさと納税これ良いですね。

遍路道の保全に役立つだけでなく返礼品までもらえちゃうんですからね。

 

自治体の皆さんも色々考えてくれているので、お四国のためにぜひ協力したいと思います。

これが上手くいけば、他の遍路道にも展開すれば良いと思います。

 

以下、記事の転記です。

 

 四国八十八カ所霊場を結ぶ遍路道の整備に充てようと、高知県が「クラウドファンディング型ふるさと納税」で寄付金の募集を始めた。目標は100万円で、土佐清水市の遍路道「あしずり遍路道」の保全や整備に役立てる。

 

 弘法大師ゆかりの八十八カ所の巡礼は1200年の歴史があるとされる。県内の霊場は16カ所で、遍路道の総距離は約430キロ。周辺住民らが「遍路文化」を大切にしようと遍路道の整備を続けてきた。しかし、利用者の減少などで近年破損が目立つという。

 

 遍路道の多くは市町村が管理しているが、県が支援する枠組みがなかったことから、クラウドファンディング型ふるさと納税を県内で初めて活用。自治体が抱える課題を解決するため、ふるさと納税を用いる制度で、プロジェクトに共感した人から寄付を募る。

 

 第1弾として、地元が史跡を目指しているあしずり遍路道の保全資金を集めることにした。この遍路道には急傾斜地の山道があり、倒木や橋の落下も発生。整備が急務になっていたという。

 募集は11月3日まで。寄付金は老朽化した橋の整備や遍路道の安全対策などに使う。9月8日までに50万円以上集まっており、終了日までに寄せられた全額をプロジェクトに用いる。また、5000円以上寄付した県外在住者には寄付金に応じ、カツオのたたきやゆずドリンクといった特産品などを返礼品として送る。

 

 県政策企画課は「遍路道の環境を整備し、遍路文化を将来にわたって保存・継承していきたい。ぜひ協力してほしい」と参加を呼び掛けている。詳細は、ウェブサイト「ふるさとチョイス」で紹介している。【松原由佳】

 

 

 

9/9(水) 10:42配信 毎日新聞

posted by: ippoippodo2 | イベント | 19:27 | comments(0) | - |

ついに七観音が勢ぞろい!国宝、重要文化財、秘仏も公開、西国三十三所の至宝展

皆さん、こんにちは!いっぽ一歩堂の植田です。

 

京都の国立博物館で豪華絢爛な特別展が開催されています。

これだけ多くの至宝が一堂に会するのはなかなかないでしょうから、お近くの人はぜひ観に行かれてはいかがでしょうか。

 

以下、記事の転記です。

 

 大和国長谷寺の開基・徳道上人が、養老2年(718)に閻魔大王のお告げを受けて定めたと伝わる、日本最古の巡礼路「西国三十三所」。その草創1300年を記念した特別展『聖地をたずねて−西国三十三所の信仰と至宝−』が「京都国立博物館」(京都市東山区)で9月13日までおこなわれている。

 

 西国三十三所は、33の観音霊場の総称および巡礼路。霊場は京都を中心に、大阪、兵庫、奈良、和歌山、滋賀、岐阜に点在し、総距離は約1000キロに及ぶ。上人の没後に一度途絶えたが、270年後に花山院が復興、江戸時代には庶民にも巡礼が広がり、現在も多くの人々が信仰を寄せている。

 

 本展では、「説かれる観音」「地獄のすがた」「聖地へのいざない」など、全7章で構成されている。西国三十三所の至宝が一堂に会し、国宝、重要文化財、秘仏も公開されているので、仏教美術ファンにはたまらない機会だ。特に、聖観音、十一面観音、千手観音など七観音が勢ぞろいする第5章「祈りと信仰のかたち」は、本展のクライマックスになるだろう。七観音が勢ぞろいするのは8月18日から9月13日まで。この機会を見逃さないで。料金は一般1600円。

 

 

8/25(火) 6:15配信 Lmaga.jp

posted by: ippoippodo2 | イベント | 13:39 | comments(0) | - |

巡礼姿、景色楽しみ歩く 揖斐川町、華厳寺周辺


皆様、こんにちは。
いっぽ一歩堂の佐々木です。

 

先日紹介した巡礼ウォークが無事に行われたようです。
 

以下、記事の転記です。

 

揖斐川町の谷汲山華厳寺を含む「西国三十三所観音巡礼」の日本遺産認定を記念し、観音巡礼の文化を体験する「巡礼ウオーク」が八日、華厳寺周辺で開かれた。

 岐阜、愛知両県から百二十人が参加。白衣やかさを身に着けて樽見鉄道の谷汲口駅を出発し、景色を楽しみながら寺を目指した。町内の会社役員坂由美子さん(47)は「心が洗われるような気分でした」と晴れ晴れしていた。

 西国三十三所は、近畿二府四県と岐阜県にまたがる三十三寺院。各寺を参拝する巡礼路は日本最古とされ、第三十三番の華厳寺は巡礼者が旅を終える「満願」の札所となっている。

 

巡礼ウオークは地元の関係者でつくる日本遺産活用推進協議会が初めて開いた。

 

2019年12月10日 中日新聞web

posted by: ippoippodo2 | イベント | 09:22 | comments(0) | - |

巡礼者気分味わって 8日、谷汲山華厳寺でウオーク


皆様、こんにちは。

いっぽ一歩堂の佐々木です。


 巡礼に興味ある人にお勧めのイベントがあります。
お気軽に参加出来る上に、お遍路の笠までもらえます。
お近くにお住まいの方は参加してみてはいかがでしょうか。

 


晩秋の谷汲山華厳寺を歩く「巡礼ウォーク」が12月8日、岐阜県揖斐川町谷汲徳積の同寺などで開かれる。

 

西国三十三所「谷汲山華厳寺」日本遺産活用推進協議会が、同寺を含む西国三十三所観音巡礼が日本遺産に登録されたことを記念して初めて開く。

 

樽見鉄道谷汲口駅に集合し、同駅から同寺までの約7キロを白衣、つえなどの巡礼衣装を身に着けてウオーキングする。

途中、谷汲昆虫館や町観光プラザで休憩できる。

 

町観光文化戦略課の小寺悠太さん(26)は「谷汲地域の魅力をイベントを通して肌で感じてほしい」と参加を呼び掛ける。

 

参加費は3千円(巡礼衣装代含む)。

定員は200人で先着100人には遍路で使うかさをプレゼントする。

ファクスかメールで申し込む。

問い合わせは同課、電話0585(22)2111。

 

11/29(金) 9:15配信 岐阜新聞web

posted by: ippoippodo2 | イベント | 15:40 | comments(0) | - |

「2017へんろ道体験クリーンウォークinいまばり」のご案内


皆さん、こんにちは。
いっぽ一歩堂の店主、佐々木です。

いつもお世話になっている「四国へんろ道文化」世界遺産化の会が主催する「2017へんろ道体験クリーンウォークinいまばり」のご案内です。




「2017へんろ道体験クリーンウォークinいまばり」

今治市内の四国霊場55番札所南光坊から58番札所仙遊寺までの へんろ道(約9辧砲鯤發遍路文化や地域文化に触れてみませんか。

また、歩きながら道沿いのゴミなどを拾いますので、環境整備にもつながります。

仙遊寺に到着後は、初心者の方を対象とした参拝の作法やマナーなどが学べる「初めてのお遍路講座」と 上尾直子さんによるお接待ピアノコンサートも行われるなど内容盛りだくさんとなっております。

松山市駅からの送迎バスも用意されており、また、お車で参加の方にも指定駐車場が 準備されています。

どなたでもお気軽にご参加ください。

1.日時 

平成29年5月20日(土) 雨天(小雨)決行  

※但し、大雨注意報発令時には中止します。

2.募集チームと定員および参加料 

※保護者同伴の小学生以下は無料

●松山集合チーム :(松山市駅前に7時30分集合)
定員50名・参加料1,500円
●今治集合チームA:(南光坊に8時30分集合) 
定員50名・参加料  500円
●今治集合チームB:車で現地集合(指定駐車場に8時集合)
定員50名・参加料  500円

3.お申込方法について 

へんろ道体験案内・参加申込書裏面の「参加申込み書」に、 必要事項をすべてご記入のうえ、FAX、メール、または郵送でお申込ください。

 

定員になり次第、締め切りになります。

 

4.お問い合わせについて 「四国へんろ道文化」世界遺産化の会 事務局

TEL:090−7141−1947

(平日10:00〜18:00)

 





 

posted by: ippoippodo2 | イベント | 06:53 | comments(0) | - |

四国遍路とスペイン巡礼展のご案内


皆さん、こんにちは。
いっぽ一歩堂の店主、佐々木です。

いつもお世話になっている徳島のグラフィックデザイナー「宮本光夫」さんの写真展のご案内です。



四国遍路とスペイン巡礼
〜四国一周1200kmと、イベリア半島横断780kmを歩いた一期一会 パネル展〜


■開催日
2017年02月3日(金)〜2017年02月8日(水)

■時間
9:30〜18:00  入場無料(最終日16:00終了)

■会場
キョーエイ鳴門駅前店4Fギャラリー
鳴門市撫養町小桑島字前浜23
TEL:088-685-3543

■出演者プロフィール

歩き人 宮本 光夫

1944年8月19日生まれ70歳 徳島市在住
職業、グラフィックデザイナー
仕事の節目に軽い気持ちで遍路に出たが、その奥の深さにはまり込み
四国の表現者の一人として、遍路旅の豊かさを伝える使命感を持っている。

四国遍路だけでなく、世界遺産の巡礼路「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」にご興味のある方はぜひ足をお運びくださいね。


 

posted by: ippoippodo2 | イベント | 14:13 | comments(0) | - |

「お遍路写真展」のご案内(2016年2月〜3月)

皆様こんにちは。
いっぽ一歩堂の店主、佐々木でございます。

今日は、お遍路の世界をより身近に感じられる「お遍路写真展」のご案内です。

徳島市のグラフィックデザイナー、宮本光夫さんの写真展はとても引き込まれる写真ばかりなのです。

2月、3月に連続で関西地方で開催されますので、お近くの方はぜひ足をお運びください。


■2016年2月

「四国遍路展〜遍路の見た風景〜」

日時:平成28年2月6日(土)〜2月11日(木・祝) 
午前9時〜午後6時(※最終日のみ午後3時まで)

場所:NHK大阪放送局アトリウム

平成27年4月に、「四国遍路」は「日本遺産」第1号として認定されました。

今回の展示では、その魅力を多くの方に知っていただくため、「お遍路さん」に視点を置き、「遍路の見た風景」や「お接待」を伝える写真パネルが展示されます。

また、遍路の歴史資料なども展示され、札所寺院や遍路道沿いに残る四国の素晴らしい風景をご覧いただけるとともに、地域の人々とのふれあいを感じていただくことができます。
是非ご覧下さい。


主催
四国遍路日本遺産協議会

後援
NHK大阪放送局

問合せ先
四国遍路日本遺産協議会徳島県支部
徳島県政策創造部総合政策課 TEL 088-621-2012


■2016年3月

「写真展・遍路歩記展 & お砂踏み」


1)写真展 

3月2日(水)午後1時〜午後5時
3月3日(木)〜3月6日(日) 午前10時〜午後5時

2)四国八十八ヶ所 お砂踏み

3月5日(土) 午後1時〜午後5時
3月6日(日)午前10時〜午後3時




場所:やまと郡山城ホール 奈良県大和郡山市郡山町211−3
近鉄郡山駅〜徒歩10分 JR郡山駅〜徒歩15分

大和郡山での開催は今年で第3回目。

「遍路歩記」はそのやさしい表現に多くのファンがおり、過去2回それぞれ約1500人の来場がありました。
おススメの写真展です。

週末の、3月5日〜6日には、四国八十八ヵ所霊場会青年部が出向かれ、お砂踏み道場が開かれます。

各札所のご本尊軸に、境内のお砂を足元に敷き、踏みながら礼拝すると、八十八ヵ所霊場を巡拝するのと同じご利益がいただけます。


また会期中には歩き遍路に関する相談も可能です。
全く初めての方も、お迷いの方も歩き遍路先達にご相談ください。
あなたに合った遍路旅をお薦めします。

共催:矢田寺へんろみち保存会、公認先達・歩き遍路の会
協力:四国八十八ヵ所霊場会
後援:「四国八十八ヵ所霊場と遍路道」世界遺産登録推進協議会、四国ツーリズム創造機構、奈良県、大和郡山市、NHK奈良放送局、奈良テレビ放送蝓奈良新聞本社、朝日新聞奈良総局、読売新聞奈良支局、毎日新聞奈良支局、産経新聞奈良支局
協力:蠅い辰欅貶眛
遍路歩記パネル出品:宮本光夫(徳島市)
お問い合わせ:山下正樹・携帯 090-5648-1989

 

posted by: ippoippodo2 | イベント | 06:03 | comments(0) | - |

太龍寺道、いわや道、平等寺道 ウォーキングのご案内


皆さん、こんにちは。
いっぽ一歩堂の店主、佐々木です。

NPO法人徳島共生塾一歩会さんが主催の「遍路道ウォーキング」のご案内です。



参加申込書、集合場所などの詳しい内容はこちら



太龍寺道、いわや道、平等寺道 遍路道ウォーキング


■開催日
2015年03月1日(日)小雨決行 先着40名募集

■参加費
1,000円(保険、資料、飲物、バス代)

■服装、靴

山道にふさわしいもの、雨具、防寒着が必要

■昼食

各自持参ください。(事前注文も可。600円)

■その他

遍路道や札所の歴史を地元ガイドが先導します。
太龍寺では公認先達にて、参拝のマナーなどを指導してもらえます。

その他詳細は、
こちら
の資料からどうぞ。


よみがえった歴史の道をぜひ歩いてみませんか。
ぜひご参加くださいね。

posted by: | イベント | 12:03 | comments(0) | - |

四国遍路とスペイン巡礼展のご案内


皆さん、こんにちは。
いっぽ一歩堂の店主、佐々木です。

いつもお世話になっている徳島のグラフィックデザイナー「宮本光夫」さんの写真展のご案内です。



四国遍路とスペイン巡礼
〜四国一周1400キロと、イベリア半島横断780キロでの一期一会〜


■開催日
2015年03月11日(水)〜2015年03月13日(金)

■時間
10:00〜21:00  入場無料

■会場
パトリア日田 ギャラリー
〒877-0016 大分県日田市三本松一丁目8番11号
TEL:0973-25-5000 FAX:0973-25-5001

■出演者プロフィール

宮本光夫

1944年8月19日生まれ70歳 徳島市在住
職業、グラフィックデザイナー
仕事の節目に軽い気持ちで遍路に出たが、その奥の深さにはまり込み
四国の表現者の一人として、遍路旅の豊かさを伝える使命感を持っている。

3月12日(木)にはギャラリートークを予定されているようです。

3月10日(14:00〜)〜12日までは、四国霊場会公認先達による「お遍路相談コーナー」もあるそうですので、四国遍路にご興味がある方にはいろいろ相談に乗っていただけますよ♪

おススメの写真展ですので、九州の方はぜひ足をお運びくださいね。


posted by: | イベント | 11:01 | comments(0) | - |

【夏休み特別企画】 歩き遍路 for Kid's 開講のお知らせ

こんにちは!いっぽ一歩堂の佐々木です。

テレビ番組で特集されたのをキッカケに、今年の春休みに実施した『歩き遍路 for Kid's』



前回、急遽日程が決まったことから参加できなかった親御さんから、

「夏休みに実施して欲しい!」

というお声をいただいておりました。

ということで、夏休み特別企画ということで、「歩き遍路 for Kid's」を開講したいと思います。

■こういう方(親御さん)におススメ!

・現在の学校教育ではなかなか教えてくれない(体験できない)ことを子供に体験させたい

・普段は携帯電話に依存しているので、少し離れて、四国遍路の世界で自分を見つめなおさせたい。

・子供に一人旅をさせ、独立心を促したい。

・周りへの感謝の気持ち、それを子供のうちから少しでも実感して欲しい。

・一見、困難な歩き遍路を歩き通すことで子供に自信をつけさせたい。

・夏休みの自由研究の一環として体験させたい。


■概要

?歩き遍路日程

平成26年7月25日(金)〜27日(日)

?参加可能な方

・3日間50km歩ける方。
※1番〜12番札所。もし歩けなくても車のサポートあり
・小学生〜高校生の方。
・キッズ一人で参加できる方
・四国に自力で現地集合できる方(もしくは大阪周辺)

?参加費用

49,800円(3日間)

注1)現地研修費、保険代、宿泊代、食事代(2泊7食)が費用に含まれています。
注2)現地(四国、大阪)までの交通費は含みません
注3)お遍路用品の一式は特別に無料でレンタルいたします。
(通常 1日500円かかります。白衣、輪袈裟、金剛杖、笠)
注4)別途、納経帳代、寺院に支払う納経代、ローソク、線香、納め札などの消耗品、お賽銭などが必要です。

?プログラムの内容について

1番札所〜12番札所までの合計50kmの道程を、巡礼しながら歩く、本格的な歩き遍路です。

四国八十八ヶ所霊場会公認先達が、正しい作法を初日にしっかりとレクチャー致しますので、安心です。

詳細は、当ブログの「お遍路 for kids【1】〜【11】」を参照願います。

今回も第6番札所安楽寺の宿坊に宿泊予定です。

春は急遽開催であったため実施しておりませんが、寺院様の協力のもと、下座行、写経、真言加行などの修行体験も行う予定です。

?お問い合わせ、申込先

株式会社いっぽ一歩堂までお電話ください。
(TEL 072-807-6500 担当:佐々木)


posted by: | イベント | 12:02 | comments(0) | - |


プロフィール

管理人
植田 洋二郎
趣味
ウォーキング 旅行
コメント
四国、西国など現地のいろんな情報をお届けします。お楽しみに♪


バックナンバー

コメント

リンク

RSS

いっぽ一歩堂

会社名
株式会社いっぽ一歩堂
所在地
兵庫県宝塚市野上1-5-10-401A
設立
2008年12月
業務
遍路用品販売 等
ビジョン
「四国遍路の素晴らしさをより多くの方々に知っていただくこと」